コンセプト

サッカーとは、様々な持ち味をもった選手が11名いて、チームとして成り立つ。
ドリブルだけ、フィジカルだけというような同じタイプの選手だけでは、チームとして機能はしない。

私たちは、各選手の個性を生かしながら、プライドが考える6つの項目をフォーカスし、指導方針としています。
指導方針

楽しさ

出来ないことが出来るようになることを楽しさに変え、様々な困難にチャレンジし続ける選手を目指す。

技術力

運ぶ力・突破力・ゴールを目指す力・球際の強さの4点にフォーカスし、個人能力向上を目指す。

選択肢

左右・前後、味方・相手、数的優位・不利、スペース・ゴールの観る力を養い、進む進まない、ドリブルパス、プレー中のキャンセルなど、選手の自由なアイディアを受け入れ、想像を超えるプレー引き出す。相手に何をするのかわからせない選手を目指す。

判断力

試合中に起こりうる駆け引きを瞬時に「認知→分析→実行」の流れで、決めなければならない。その判断力のプレースピード向上求める。また経験から感じとれる直観も大切にする。

知識

戦術理解度、スペースの共有、選手間の移動とオフザボールに長けている選手を目指す。

賢さ

コミュニケーション能力が高く、ゲーム展開を読むことができ、意図を持った自立出来る選手を目指す。