2019.2 トレーニング報告

  • 2019年02月28日 更新

 今月は、方向を変えるドリブルをテーマに幼児・低学年は行ってきました。幼児年代では少し難しいドリルをやったことにより、習得できるまでにはまだまだ時間が必要でしたね。また対人になると目の前のプレーに一生懸命過ぎて、体勢を崩したり、顔が下がったり、相手に突っ込んだりとまだまだです。そんな中でも方向を変え、相手を騙すプレーが出来ている選手もいます。守備は、気持ちを全面に出し、がむしゃらに上半身も使いボールを奪いに行く。ボールを持っているときは、冷静に落ち着いて相手が見えるようになりましょう。

3月はリフティング大会頑張ってください。

 

⚫MVP(最も輝いた選手)

越谷校 おがわほのか ちゃん

練習意欲が高く、指導員が指導したことをすぐに実践し改善が見られる。一瞬で抜き去るターンに磨きが増し、身体の使い方がうまくなってきたことで、前を向いたままのキープが出来るようになってきた。所属チームでも自信を持ち堂々とプレーできるようがんばれ!活躍期待しています。

 

⚫MIP(最も印象に残った選手)

浦和校 おざわこおくん

意識が高く、一つのドリル、一つのパスにしても気持ちが伝わる。エリートクラスの中でも成長を感じている選手であった。そんなタイミングで、トレセンにも選ばれ更にチャレンジの場を与えられた。日々の積み重ねを大切に来年度の1年でどれだけ伸びるか。期待したい。

スクール生募集中